Step 1 免許を取ろう

1.1 取得条件

〜2007年12月9日(日)

 自動車を運転するために、まずは免許を取得しなければなりません。 まず最初に、私自身がどのような状況に置かれているのか記していきます。

 現在高等専門学校(高専)3年生、電車通学、原付免許取得済み(ただし原付講習後の走行経験は無し、原付自体も未所有)。 Rising Flag Rally Teamの広報としてチームに帯同し、同乗走行及びメカニック手伝いの経験あり。 モータースポーツを始めるにはこの上ない環境であり、周囲からの支援を受けられる状況にいます。

 8月生まれのため、制度上は夏休みの時点で取得することも可能でした。 しかし、学校の文化祭の実行委員会幹部として11月までこき使われ、その後は後期中間試験に追われる日々で、遂に年の瀬になってしまいました。 (夏休み明けに同級生が何食わぬ顔で免許をひっさげて登校してきたのが妬ましいですが、仕事が遅い自分を恨むことにします。) 2008年2月の初頭にはチームの主催する練習会があり、どうにかそれまでに間に合わせたいところです。 尚、冬休みが2週間程しかないことにより、合宿教習による取得は事実上不可能と判断いたしました。

免許取得に際しての条件
取得準備教習所での一般的な教習(いわゆる一発受験ではない)
種類普通車MT
教習形態通学
期間できる限り早く

1.2 教習所選び

2007年12月9日(日)

パンフレットで教習所探しパンフレットで教習所探し

 在学する高専は大学生協が入っているため、生協経由で申し込むことにより割安かつ優先的に技能教習の予約を取ることができるようになります。 これを利用しない手はないので、生協店舗にて配布されているパンフレットを入手してきました。 これに掲載された教習所の中から最適な教習所を選ぶことになります。

 残念ながら自宅近くには教習所が無いため(原付があれば通える所もありますが・・・)、学校までの電車の定期区間内で駅に近い教習所をピックアップしていきます。 学校がある日に通うことを考えると、放課後に確保できる教習時間に無駄がないかというのもポイントになるでしょう。

2007年12月10日(月)

 前述のポイントを考慮に入れつつ、JR中央線沿いの某メーカーT社系の教習所に決めました。 気になる教習車は、トヨタ コンフォートです。


1.3 申し込み

2007年12月11日(火)

 まずは校内にある生協の店舗にて申し込みを行います。 代金と引き換えに「クーポン券」をもらえるので、教習所での申し込み時にこれを提出することで生協割引料金での教習が受けられるわけですね。 二十数万円がたった一枚の紙ペラになってしまうので、生協の店長から「無くさないようにね!」との言葉をいただきました^^;

今日渡されたテキスト等今日渡されたテキスト等

 次はいよいよ教習所へ行って正式な申し込みです。 申込用紙に必要事項を記入し(2回も書き直したのはここだけのヒミツです)、入学受付へ行って手続きを済ませました。 今日は簡単な流れの説明を受けただけで、詳細な説明と導入は後日オリエンテーションにて行われるそうです。 オリエンテーション、適正検査、学科第1段階「1、運転者の心得」の3連続での教習を受け、それから他の教習を受けることができるようになります。 明日にでも受けたいところですが、3時限連続と言うことで学校の放課の時間との兼ね合いが悪いため金曜日の夜からということになりました。 さて、いよいよここからが本当のスタートです!


1.4 教習

2007年12月14日(金)

  • オリエンテーション
  • 適性検査
  • 学科第1段階「1. 運転者の心得」